de:code 2018|出展および当社xRエンジニア登壇のお知らせ

  • 2018年05月09日
日本マイクロソフトの開発者・アーキテクト向けイベント de:code2018 への出展並びに、当社xRエンジニアの酒井辰也がセッションに登壇すること決定いたしました。
セッション概要
■タイトル:実録!HoloLens×AI×IoTアプリが開発できるまでの挫折と成功
■講師:酒井 辰也(クラウドインテグレーション事業本部 コンサルティング&テクノロジー部 xRエンジニア)
■日時: 5月23日(水) 12:10-12:50
■セッション番号: AC16
■詳細:
HoloLensの国内販売から1年あまりが経ちました。国内でも様々なHoloLens活用事例が出てきてますが、まだまだどうやってアプリ開発すればいいのか、困っている方も多いのではないでしょうか?
本セッションでは、サーバーサイドエンジニア達がHoloLensアプリの開発を始めてから最新のHoloLens×AI×IoTを組み合わせたアプリ開発に至るまで、その裏側をエンジニア目線で紹介します。

de:code2018について

日時:
2018年5月22日 (火) 9:30 - 20:00 [開場・受付開始 8:30 予定]
2018年5月23日 (水) 9:30 - 18:30 [開場・受付開始 9:00 予定]

会場:
ザ・プリンス パークタワー東京
東京都港区芝公園 4-8-1

公式HP:
https://www.microsoft.com/ja-jp/events/decode/2018/

当社は de:code 2018 にゴールドスポンサーとして協賛しています。
セッションでご紹介するHoloLensソリューションの紹介および体験を予定しております。