オートデスク株式会社主催「Autodesk University Japan2019」にNS-Renderを出展

  • 2019年09月05日
「マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー2019」 Media & Entertainment アワード受賞サービス

株式会社ネクストスケープは、10月8日から2日間開催されるオートデスク株式会社の日本国内イベント「Autodesk University Japan 2019」に当社のサービスである「NS-Render」を出展いたします。

当社はオートデスク株式会社が、メディア&エンターテイメント業界に向けて提供している3DCGのレンダリングエンジン「Maya/3dsMax/Arnold」に対し、Microsoft社が提供するパブリッククラウド「Microsoft Azure」の機能を用いてレンダーファームの機能拡張を実現可能とする、Azure Batch Renderingの導入支援サービス「NS-Render」を提供させて頂きました。

本イベント展示会場の当社ブースにおきまして、その導入支援に関する事例紹介を行うとともに、Azure Batch Renderingに制作マシンからジョブを投入することができるAzure Batch Explorerを使ったデモンストレーションも実施する予定です。

会場にお越しの方は是非当社ブースまでお立ち寄りくださいませ。

NS-Render


■Autodesk University Japan 2019について

「Autodesk University Japan 2019」(10月8日~10月9日開催)は、製造、建築、⼟⽊、メディア&エンターテインメントなどの業界において、将来を⾒据えながら業務に役⽴つ情報を「学び」、さらに参加者の⽅々が「交流」の場としてご活⽤いただけるカンファレンスです。

会期:2019年10月8日(火)~9日(水)

会場:グランドニッコー東京 台場

詳細は下記のURLをご覧ください。

https://www.autodesk.co.jp/campaigns/auj2019

■Azure Batch Renderingとは

Azure Batch Renderingとは、Microsoft Azure上で構築されたAzure Batchサービスで3DCGレンダリングを行うサービスです。

https://azure.microsoft.com/ja-jp/services/batch/rendering/

■クラウドレンダリングサービス「NS-Render」について

NS-Renderは、主にアニメーション制作、ゲーム制作、放送事業者など3DCGを制作する企業に向け、Microsoft Azure Batch Renderingの導入支援を行うサービスです。Microsoft Azureの潤沢でハイスペックなリソース環境をご提供することで、従来の業界課題である繁忙期のレンダリングパワー不足に対し、クラウドの拡張性を活かして必要な時に必要なリソースをすぐに用意できる点が評価されております。 製品の紹介につきましてはWebサイトよりご案内いたします。

https://ns-render.nextscape.net/

※ このニュースに記載されている会社名、屋号および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。